自まつ毛が短いとビューラーを使ってマスカラを塗ってもあまり目元を強調することが難しいかもしれません。しかし、まつ毛育毛剤を使えばきっと今までとは違うまつ毛になるかもしれません。当サイトではまつ毛育毛剤の効果などを解説していきます。

きれいなまつげ
  • ホーム
  • まつげ貧毛症とはどのような状態?

まつげ貧毛症とはどのような状態?

まつげの貧毛症は、まつげの本数が少ないなどまつげの不足、短い、または細い状態の疾患です。
まつげの貧毛症の原因は、抗がん剤などを使った場合の薬剤、加齢などがあり、症状の程度には差があったり個人によっても感じ方は異なることがある疾患でもあります。
まつげは個人差はありますが、上まぶたに8~12mmで90~160本あり、下まぶたには6~8mmで75本から80本あることが平均的です。
まつげについての悩みは少ないなど不足していると感じたり、短い、細いという悩みの他にも抜けやすい、マスカラなどによるダメージを与えているなど悩みは色々あります。

年を重ねると年齢と共に減ってくることもあります。
まつげにエクステンションをしたり、つけまつ毛を常に行なっている場合などは、まつ毛が抜けたり目の周りの皮膚トラブルを起こしやすくなることがありますが、本数が不足しているのはそれらのダメージと考えてしまいますが、不足しているなど不十分な状態は貧毛症の可能性を疑うと良いです。
まつげの貧毛症は、クリニックなど医療機関で治療することができます。
クリニックでは医師の問診やまつげの状態の確認などが行なわれて、生活習慣の指導などがアドバイスされます。

また治療薬の処方や植毛など、症状にあった対処法や治療を行なうことができます。
まつげが少ないなどの悩みがあると、まつ毛専用の美容液を使う人もいます。
専用の美容液は紫外線などの外部刺激から保護することが期待でき、まつげが抜けにくくなったりハリやコシなどがあらわれる効果が期待できます。
抜けにくくなったりコシなどがあらわれることはあっても、専用美容液では本数を増やすなどまつ毛が生える効果はあまり期待できません。
発毛効果を期待する場合には、発毛や育毛効果がある成分が配合されていることが必要ですが、それらの成分が配合されているものはごく一部のもので、医薬部外品に含まれます。
発毛や育毛が認められる成分は美容液には含まれていないため、本数を増やすことは難しいです。

簡単にできるまつげ貧毛症セルフチェック

まつげの貧毛症は簡単なセルフチェックで判断することができます。
セルフチェック項目はまつげが不足していると感じる、短いと感じる、細いと感じる、薄いと感じるで、これらに該当した場合にはまつ毛貧毛症と考えることができます。
日々の生活の中でまつげにダメージを与えていることもあります。

特にマスカラやつけまつ毛、エクステンションなどで負担をかけてダメージを与えてまつ毛貧毛症になってしまう可能性もあります。
ビューラーでまつ毛を引っ張る、根本から上げる、ゴムを何年も変えていないなどの他にもマスカラを何度も重ね塗りをしたり、洗顔の時にメイクを落とすために強く擦ったり、毎日つけまつ毛をするなどがあります。
該当する項目がある場合にはダメージを与えています。
毎日の習慣ではありませんが、加齢によるものや皮膚疾患、薬の副作用などでまつ毛が抜けたり、細くなるなどはありますが、日常生活で改善できることは試してみることは大切なことです。
クリニックなど医療機関で行なわれる指導や治療に生活習慣の指導があります。
髪の毛などと同様にまつげを健康に保つには規則正しい生活習慣は大切で、栄養バランスの良い食事、質の良い睡眠、ストレス解消なども大切なことです。

また様々な日常でのやり方も見直す必要があります。
擦ったり、過度なメイク、洗顔を乱暴に行なうなどでダメージを与えることがあります。
エクステンションが原因の場合もあり、まつげを刺激しないように丁寧に優しく洗顔したり、お湯で落とせるマスカラを使うことも良いことです。
皮膚疾患などがある場合にはその病気を優先して治療をしたり、発毛できる毛包がない場合には、植毛をすることもあります。
まつげの貧毛症はクリニックで治療することで改善するため、セルフチェックで確認して悩みがある場合には早めにクリニックを受診することが大切です。