自まつ毛が短いとビューラーを使ってマスカラを塗ってもあまり目元を強調することが難しいかもしれません。しかし、まつ毛育毛剤を使えばきっと今までとは違うまつ毛になるかもしれません。当サイトではまつ毛育毛剤の効果などを解説していきます。

きれいなまつげ
  • ホーム
  • アイメイクは基本的にまつげに負担がかかる

アイメイクは基本的にまつげに負担がかかる

女性のメイクの最大のポイントと言われているアイメイク、目は口程に物を言うとはよく聞かれることわざでもあります。
目をどれだけぱっちりと大きく見せられるかが顔全体の仕上がりを左右するといっても過言ではありません。

目を大きく見せるためにはまつげの存在を強調させなければならないため、より長く、太く、フサフサに見えるようにするアイテムが市場には流通しています。
自分で行うアイメイクアイテムだけでなく、まつげに特殊な施術を行う専用のエステサロンも増えており、わが国では目力アップは女性が最も関心を寄せる分野なのではないでしょうか。
ただこのような目力強調アイメイクは繊細なまつげにかなりの負担を与えることになり、盛れば盛るほどダメージが深刻となり土台の地毛が弱ってしまうという悪循環に陥ってしまうことも珍しくありません。

まつげを強調させるために使われるマスカラは、涙などで簡単に落ちてしまうことのないように強力な成分が配合されていることも多く、取れにくいということがかえって負担を大きくさせてしまうケースもあります。
美容液成分が入ったマスカラやフィルムタイプのマスカラなどであれば負担は減らせるでしょう。

地まつげに左右されないつけまは接着剤を張り付ける位置を間違うと、抜け毛や切れ毛の原因となってしまいます。
生え際より少しずらした位置につけまを固定するように気を付けなければなりません。

さらに昨今大人気のエクステはマスカラやつけまのように付け外しをする手間がなく、顔を洗っても取れないと評判ですが、使用するグルーがかなり強力なので切れ毛や抜け毛が増えボロボロになってしまいます。
エクステにはまり、最後には装着できる自まつげがほとんどないという状態にまで陥ってしまう女性が続出しているようです。

このように目元を美しく魅せるアイメイクは往々にして大切なまつげの傷む原因となるケースが多く、やがてはまつげがなくなり途方に暮れるということにもつながりかねません。
できるだけ負担の少ない方法を選ぶことが何よりも大切です。

ビューラーでまつ毛がちぎれることも

簡単に美しい目元に魅せることができるビューラーは、日本人に多い下向きのまつげの癖を上向きに固定できる簡単な方法です。
年齢問わず愛用している女性は多いようですが、実はこのビューラーは使い方を誤るとひどいダメージを与えてしまうので要注意です。

下向きの癖がきついからとメイク直しのたびに一日に何度も使ったり、まつげを挟んだ状態で上に持ち上げるような使い方をすると最悪の場合毛がちぎれてしまいます。
ビューラーで挟むことによる圧力は想像以上に大きなものとなっているので、毎回同じ位置に圧をかけ続けてしまうと切れ毛となってしまいがちです。
毛を挟んだ後はほとんど力を入れないでも良く、ぐっと立ち上げたいからと手を強く握るように使うのは傷む原因なのでやめましょう。

まつげを傷めないようにするためにビューラーはゴムで保護されていますが、このゴムも使用頻度や期間により劣化していくので定期的に取り換えるようにすることも大切です。
ゴムがちぎれたままで圧をかけるとカールが直角になってしまうだけでなく、深刻なダメージを与えてしまいます。

下向きのまつげを上向きにする方法としてはまつげパーマをあてるという美容法もあるので、毎日ビューラーで刺激を与えるよりも、月に一度アイラッシュサロンでパーマをあててもらうのもおすすめです。
顔を洗っても取れることはなくくるんとした美しいカールが一か月程度キープできるので、朝のアイメイクも格段に時短できて便利です。

一重まぶたの方がパーマをあてると重たいまぶたのお肉を下から支えることができるので皮膚にしわが寄り、それが二重ラインに見えるという意見も多く目元がぱっちりします。
ビューラーではなかなか癖がつかないと悩んでいる方も、パーマならカールがつくのでおすすめです。